ジメジメ、ジトジト、寝苦しいを解消!睡眠の質向上グッズ

睡眠の質向上グッズ

寝床の中の温度と湿度を快適に保つのが大切

梅雨時は、なんだかだるい、ジメジメして寝苦しいと感じる方も多いものでしょう。その理由は、温度と湿度にあると三橋さん。
「快適に眠るためには、布団の中の温度と湿度をコントロールすることが大切。そのためには、寝具の工夫やエアコンの活用を。就寝時は、長袖・長ズボンを着用し、タオルケットなどの上掛けを使ってちょうどいい室温にするのが快 適に眠るポイントです」 エアコンの設定は、梅雨時は除湿運転でかまいませんが、6月に 入って暑いと感じる日は冷房運転にして28℃以下に保ちましょう。

※教えてくれたのは快眠セラピスト・睡眠環境プランナー 三橋美穂さん

快眠ルール1 いびき息苦しさは横向き寝で解決

いびきのある人や寝汗をかきや すい人は横向き寝がおすすめ。「横向きで寝ると、いびきの原因となる舌の落ち込みを防いでいびきを軽減できます。また、背中があくことで、熱がこもりにくなり、暑さや湿気による眠りづらさも解消できます」(三橋さん)

快眠ルール2「眠れない」ときは、無理に寝ようとしない

「眠れないときは無理に眠ろうとせず、夜更かしを楽しんでください」と、三橋さん。必要な睡眠時間は人によって異なり、加齢によって短くなるのが一般的。「年齢を重ねると、ちょっと寝不足ぐらいのほうが深く眠れます。眠けが高まったところで寝床に入るようにすると、よく眠れます」

快眠ルール3足がつるなら、レッグウォーマーを

実は、一年中レッグウォーマーをはいて寝ているという三橋さん。「足先が冷える人やこむら返りを起こしやすい人は、季節にかかわらず、レッグウォーマーをしましょう。大きな筋肉がなく、冷えやすい足首を温めることで、つま先まで血液が巡りやすくなります。ふくらはぎを温めれば、こむら返りの予防にもなります」

快眠ルール4蒸し暑い時こそ、パジャマは長ズボン

「寝苦しい」「暑い」という理由で、半袖、短パンを選ぶのはNGと三橋さん。「半袖や短パンで眠ると、体の熱を放出する寝入り時は心地良いのですが、体温が下がる起床1~2時間前になると、気温や室温も下がるので、手や足が冷えやすくなってしまいます。長袖・長ズボンのパジャマを着用したほうが調子良く朝を迎えられます」

横寝が快適にできるまくら・カバー付

日本製 三重ガーゼ快眠パジャマ

8重ガーゼのふんわりケット

【大型送料込】折り畳みひのきスノコベッド

脚ツランベルト

ロングタイプ衿カバー

睡眠の質向上グッズ アイテムを見る

並べ替え:
価格(安い順)
価格(高い順)
新着順
23件あります
    • 1
    • 2
    23件あります
      • 1
      • 2